ブログトップ

アップルシード・エージェンシーのブログ

asagency.exblog.jp

講座「忘れられない小説を書く―最前線の技巧―」のご案内

新しいアイデアなんて、無くてもいい。
オリジナリティなんて、無くてもいい。
キャラ立ちなんて、無くてもいい。
起承転結なんて、無くてもいい。
ただ、読者の心に突き刺さればいい。

 書き尽くされた題材であっても、矛盾や歪みがあっても、面白い小説は面白い。
 この講座では、「五色の舟」(「SFマガジン」オールタイム・ベスト国内短編部門1位、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞)などで知られる、当代一の短編の名手、小説家・津原泰水氏を講師に迎える。
「読者に忘れられない」短編を仕上げる演出法を伝授する、まったく新しい小説講座である。

 二度とないかもしれない、この機会に、ぜひご参加ください。

講師略歴:
津原泰水(つはら・やすみ)
小説家。1964年広島市生まれ。青山学院大学卒業。少女小説作家〝津原やすみ〟としての活動を経て、97年に現名義で『妖都』を発表、あらゆるジャンルを横断する作家として、本格的活動を始める。『ペニス』『少年トレチア』『綺譚集』などで人気を博し、自伝的小説『ブラバン』はベストセラーに、本格SF『バレエ・メカニック』は各種ランキングを席巻。2014年、短編集『11』(Twitter文学賞)所収の「五色の舟」が近藤ようこによって漫画化され、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞。過去に代々木アニメーション学院で小説講座を担当し、受講生から数多くのプロ作家を輩出している。

■場所
日本近代文学館会議室ブックカフェ「BUNDAN」
東京都目黒区駒場4-3-55(駒場公園内) 
最寄駅:京王井の頭線駒場東大前駅(西口)徒歩7分

■開講日
2015年3~8月の第4土曜日(3/28、4/25、5/30、6/27、7/25、8/22) 14~16時 ※5月のみ第5土曜

■内容
・津原氏による6回の講義
・津原氏、アップルシード・エージェンシーによる短編の講評2回
(2作品でも、1作品の2回書き直しでも可とする)

第1回 着想について語る
第2回 文章について語る
★第1回短編提出
第3回 人物造型について語る
第4回 ストーリーについて語る
第5回 小説技術について語る
★第2回短編提出
第6回 短編「五色の舟」徹底解題/講評会
(各回、コーヒー付です)

■受講料
108,000円(一括または二分割払い)
※1回ごとの聴講(聴講料2,500円)も可能です。その場合、短編の提出及び講評はありません。聴講者の募集は、開講日の1ヶ月前から行います。

■特典
受講生はアップルシード・エージェンシーの一般応募につき「二回目以降」の扱いとなります。審査料54,000円が32,400円となります。

■定員
10名程度(先着順)

■申込方法
氏名、住所、連絡先(メールアドレス、電話番号など)を記入の上、
entry@appleseed.co.jp 宛にメールをお送りください。

担当者より、受講料の支払いや具体的な参加方法について、
ご連絡をいたします。

問い合わせ先の電話やFAXでもOKです。

■締切
3月25日(水)

■注意事項
・講義内容は、2015年秋以降に雑誌掲載及び出版予定です。
・問い合わせは、アップルシート・エージェンシーへお願いします。日本近代文学館及びカフェBUNDANでは、詳細のご案内はできません。

■お問い合わせ先
アップルシード・エージェンシー 担当:栂井理恵(とがい・りえ)
〒162-0824 東京都新宿区揚場町2-12-401 
TEL:03-3513-4325 FAX:03-3260-4437
e-mail:rie@appleseed.co.jp

主催:アップルシード・エージェンシー
協力:日本近代文学館、カフェBUNDAN
[PR]
by aa_stafy | 2015-01-15 16:11 | イベント情報
<< 「作家のエージェント」アップル... (募集終了)「食の思ひ出 コン... >>